花と心の学校(2016年8月27日より下記住所に移転)

〒103-0027

東京都中央区日本橋2丁目1−17 丹生ビル2階 TRIEL(トリエル)東京内

TEL: 0120-961-210 

(11月より電話番号が変わりました)

アクセス:東京駅八重洲北口から徒歩6分、日本橋駅B5

番出口から徒歩3分。

【受付時間】
・9:00〜19:00

【定休日】

・月曜日

・祝日他不定休

【情報掲載サイト】

東京レッスン.com

グースクール

趣味なび

芙和せらのココロごと~もっとハッピーになれる~

「芙和せら」から「こうすればもっとハッピーになれるよ♪」のご提案をお届けします♪

『言葉には本音がでる』~2019年7月

フロイトは言い間違いや聞き間違いに着目して精神分析を行いました。

言い間違いや聞き間違いにはその人が心の奥底で気にしていることが反映するからです。

 

言い間違いではなくても、何気なく発した言葉には本音がのぞきます。

例えば、「私、それくらいのことで恨んだりしないわよ」

という言葉には、わざわざ「恨み」という言葉が織り込んであります。

「気にしない」という軽い表現より重みのある言葉です。

 

この場合、発言者の心の中で「もしかしてこのことは許せないかもしれない」

「こんなことで恨んだりしちゃダメ」などの葛藤が生じている可能性があります。

発言者が気づいていなくても。

 

また「今回こそ心を入れ替えてまっとうな人間になりたいと思っているのです」

という反省の言葉が表しているのは、発言者の<願望>です。

「まっとうな人間になる」という<決意>ではありません。

心の奥底に「まっとうな人間になりたいけれど、自分には無理なんじゃないだろうか」

という自己不信や「このままのやり方で生きていきたい」という本音が隠されています。

 

心理カウンセラーはクライエントの表面上の言葉ではなく、

奥に隠された迷いや揺れを聴きとっていきます。

言葉より本音が表れるのは、動作・しぐさ、行動です。

 

このテーマは長くなりますので、次の機会にお伝えいたします。

この機会に自分の書いた文章を読み直してみましょう。気づいていなかった自分の本音に気づけるかもしれません。

(2019.7.9配信)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

毎月一回、「芙和せら」からのハッピーになれるヒントをメールマガジンで配信しています。

メール配信をご希望の方は、[資料請求・お問合せ]よりご登録ください。

 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇