花と心の学校(2016年8月27日より下記住所に移転)

〒103-0027

東京都中央区日本橋2丁目1−17 丹生ビル2階 TRIEL(トリエル)東京内

TEL: 0120-905-263 

アクセス:東京駅八重洲中央口から徒歩6分、日本橋駅5番出口から徒歩3分。

【受付時間】
・9:00〜18:00

【定休日】

・月曜日

・祝日他不定休

芙和せらのココロごと~もっとハッピーになれる~

「芙和せら」から「こうすればもっとハッピーになれるよ♪」のご提案をお届けします♪

『「ガマン」は美徳にあらず』~2018年8月配信

苦労性の方にはぜひとも肝に銘じてもらいたい言葉。
「ガマン」は美徳にあらず。
あなたは我慢強いほうでしょうか?

それとも我慢できないたちでしょうか?

 

「最近、いろいろガマンしているな」と思った時には、心は少しいびつになりかけていますから注意が必要です。踏みつけられたゴムボールが歪むのと同じで、ガマンを強いられた心も歪んでしまうのです。
そして、ガマンをし続けていると、他の方が辛い思いをしているのを知っても「私だってガマンしているのだから!それくらいガマンしなさい!」となり、優しい気持ちにはなれなくなってしまいます。
これだと人間力がダウンしてしまいますよね。


艱難辛苦は汝を珠にす、という言葉とは正反対の結果です。
では、どうすればいいでしょうか。

ガマンは不自然な状態と気づいて、自分を踏みつけにするのを止めるといいのです。自分にガマンを強いているのは他人ではなく自分自身です。誰かのせいに思えても、ガマンすることを選んでいるのは自分自身です。
じゃあ、なぜガマンしてしまうのか。
・ガマンすればご褒美がもらえる。
・ガマンすればいつか幸せになれる。
・ガマンしなければ、どん底におちてしまう。
・ガマンしなければ、愛してもらえない。
・ガマンしないと関係が壊れてしまう。
・・・などなどの思い込みがあるからです。きっと幼い時に誰かが唱えていた呪文です。


「ガマンを止めたほうが、家族関係がよくなった」というクライエントさんがたくさんいます。

あなたも呪文から自由になってみてください。きっと世界が変わります。
(2018.8.27配信)
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

毎月一回、「芙和せら」からのハッピーになれるヒントをメールマガジンで配信しています。

メール配信をご希望の方は、[資料請求・お問合せ]よりご登録ください。

 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇