花と心の学校(2016年8月27日より下記住所に移転)

〒103-0027

東京都中央区日本橋2丁目1−17 丹生ビル2階 TRIEL(トリエル)東京内

TEL: 0120-905-263 

アクセス:東京駅八重洲北口から徒歩6分、日本橋駅B5

番出口から徒歩3分。

【受付時間】
・9:00〜18:00

【定休日】

・月曜日

・祝日他不定休

【情報掲載サイト】

東京レッスン.com

グースクール

趣味なび

芙和せらのココロごと~もっとハッピーになれる~

「芙和せら」から「こうすればもっとハッピーになれるよ♪」のご提案をお届けします♪

『区切りをつける』~2018年12月配信

2018年がもうすぐ終わります。
あなたにとってどんな1年でしたか?

うまくいった人も、思ったようにはいかなかった人も、不思議なもので新年を迎えると気分が一新して、またあらたな希望に満ちてくるので不思議です。
つくづくと「区切りをつける」ことの効用を感じます。新年、新学期、節句、衣替えなど、様々な区切りをつくって「気持ちを入れ替える」「これまでを振り返りつつ未来を見据える」という先人たちの暮らしの知恵に脱帽です。

「区切り」は公に決められたことだけではなくて、自分なりの「区切り」もあります。
願ってもかなわなかった夢について、「ここまでやったのだからよしとしよう」と次のステップへと切り替えることは決して悪いことではありません。
いつまでも古い夢に<執着>していると、大切な幸せをつかみ損ねてしまいます。いま目の前にあるチャンスを逃してしまいます。

片思いの相手が振り向いてくれるまで待つ。
相手にときめき、幸せになってほしいと思えるうちはけなげな恋です。切なくても夢見る心持でしょう。
もし、振り向いてくれない相手に腹が立つとか、不幸を願ってしまうようなら、それは<執着>です。

<執着>は、私たちを醜くします。幸せへとはつながらない道です。

あなたにもかなわなかった古い夢があるかもしれません。
新しい年に向かって区切りをつけて、新しい夢に向かっていきましょう。希望へとつながります。
(2018.12.26配信)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

毎月1回、「芙和せら」からのハッピーになれるヒントをメールマガジンで配信しています。

メール配信をご希望の方は、「お問い合わせ」よりご登録ください。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆