花と心の学校:

〒103-0027

東京都中央区日本橋2丁目1−17 丹生ビル2階 TRIEL(トリエル)東京内

TEL: 0120-961-210 

(11月より電話番号が変わりました)

アクセス:東京駅八重洲北口から徒歩6分、日本橋駅B5

番出口から徒歩3分。

【受付時間】
・9:00〜19:00

【定休日】

・月曜日

・祝日他不定休

【情報掲載サイト】

東京レッスン.com

グースクール

趣味なび

芙和せらの心すこやかメッセージ

「芙和せら」から心すこやかに過ごすメッセージをお届けしています♪

「芙和せら」のFacebookにて配信中♪

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

24)『お酒を減らしましょう』~2020年5月14日配信

お酒好きな私がこういうのもなんですけれど、ストレスフルな状況にあるときほどアルコールの量を減らすことをご提案します。

テレワーク、自粛で他に楽しみがない、発散方法がみつけられない、とついついお酒に頼りがちになります。

 

ほどほどのお酒は気分転換になります。
ほどほどのお酒は人間関係を円滑にします。

でも、過ぎると身体を傷めます。
免疫力が落ちます。
アルコール依存症になれば、大切な人間関係も壊れてしまいます。

ほどほどは人によって違いますが、私はいま平常時の半分くらいにしています。

自然災害、経済的問題などいろいろあるごとに、人がお酒に逃げるのを目の当たりに見てきて、やはり過ぎてしまうと現状より悲惨な状況に陥ってしまうのを知っているからです。

私自身もストレスフルな時にお酒の量がついつい増えてしまうことがあります。
平時のストレスなら、今日飲み過ぎても明日は元に戻せるのですが、長引く状況では今日も明日も明後日もとどんどん加速度的に増えてしまいます。

だから、非常時は意識してお酒の量をコントロールすることです。

もし、あなたやあなたの大切な人が、お酒を飲んでいないと気が晴れない、眠れないという状況なら、うつ病の可能性もあります。

お酒ではなく医療の力を借りるのが適切です。
2週間以上、調子が悪いなら心療内科、精神科で診てもらいましょう。
それで「なんともないですね」で済めばラッキーです。
「お薬のんでみましょう」なら早めに治療できることになりますから幸いです。
<まだ大丈夫>と思う時に、対処するのが大切です。
特に一人暮らしの方は注意してください。

今日も晴れやかな一日になりますように🌞

他にも素敵なメッセージをお届けしています。詳しくはこちら→芙和せらの心すこやかメッセージ